沃野の伝説 (上)
米穀卸商の坂本が水死体で発見された。死の直前の彼に電話をした人物は、浅見光彦の母、雪江だった。浅見は母の命を受けて調査に乗り出す。一方、長野県では、巨額のヤミ米横流し事件が発覚。失踪中の容疑者・阿部と坂本殺害事件との関連を重視した県警は、“信濃のコロンボ”竹村岩男警部を出動させる。巨大な米機構の闇を追う二人の名探偵。食管制度を抉る大作!!
沃野の伝説 (下)
殺人、横流し、容疑者の失踪。ヤミ米市場の実態を追う浅見光彦は、新潟そして山形県酒田市へ。同じ頃、阿部の娘、悦子も、父の足取りを追って酒田にいた。だが、阿部が接触していた老人が殺され、竹村警部が捜査中の長野県でも新たな犠牲者が!暗躍する凶悪な組織に、浅見と竹村は敢然と立ち向かう。米穀産業に潜む大規模な謀略とは!?渾身の社会派推理傑作!
金沢殺人事件
東京北区の神社で商社員・山野稔(37)が「オンナニ・・・・ウシク」という謎の言葉を残して殺害された。捜査に乗り出した所轄の滝野川署は、山野の上着から微量の火薬を検出した。繊維商品を取り扱っていた山野がなで火薬を持っていたのか? 最後に残した言葉の意味は何か? 事件は混迷を深めた。そんな折、死体の第一発見者である女子大生・中谷朋子が金沢で殺された。東京と金沢で起こった二つの事件には、いったいどのような繋がりがあるのか? 事件に興味を抱いた名探偵浅見光彦は北陸へ飛ぶが・・・・。
讃岐路殺人事件
浅見光彦の母、雪江が四国霊場巡りの途中で、交通事故に遭い記憶を喪失した。東京に連れ戻された雪江はやがて記憶を取り戻したが、事故の加害者・久保彩奈が瀬戸大橋で自殺。浅見は母に命じられたまま香川県高松へ向かった。彩奈の不可解な死に疑問を抱いた浅見は独自の調査を開始する。そして事件の重要な手掛かりを掴んだとき、彩奈の兄が「ウラシマ・タロウノ・ホコ・・・・」とダイイング・メッセージを遺して殺された。讃岐路に浅見光彦の推理が冴える旅情ミステリー
津軽殺人事件
都内のホテルで弘前の古書店主が殺された。殺人現場から消えた太宰治の肖像画はどこに? 遺されたメモ“コスモス無残・・・・”の意味は? 名探偵浅見光彦は津軽へとぶ。被害者が主宰した「津軽」を旅する会に事件の鍵があるとにらみ、参加者を訪ね、そのコースを辿る。蟹田・・・金木・・・五所川原・・・・・そこには奇妙な証言の数々が! 津軽半島を旅情豊かに描く本格推理。
日光殺人事件
「日光で面白いものを発見した」この一言を遺し、日光近くにある大牧場主・智秋家の次男が失踪、車だけが山形の日向川で見つかった。二年後、華厳の滝で白骨死体発見。莫大な遺産をめぐる智秋家の相続争いが原因だったのか?・・・・天海僧正=明智光秀説、明智家=智秋家説の取材で日光を訪れた名探偵浅見光彦は、智秋家令嬢・朝子の依頼でこの事件を追ったのだか。
軽井沢殺人事件
金の売買などのインチキ商法で世間を騒がした「佐賀原商事」の幹部社員平山は、南青山で交通事故に遭い、死亡した。後には「ホトケのオデコ」という謎の言葉と「九条亜矢子」という名刺が残った。亜矢子は現在、政界に隠然たる影響力を及ぼすフィクサー・大原と結婚していた。一方軽井沢大橋で警視庁公安部員が不審死を遂げた。事件の背景に四十数年前のある出来事が・・・信濃のコロンボ・竹村警部と名探偵浅見光彦が初めて競演! 霧の軽井沢を舞台に、上流社会の絢爛たる世界を描くロマンテイック・ミステリー
神戸殺人事件
「赤い寺 白い犬」神戸・三宮で浅見光彦がヤクザから救った女性は、この紙片を残して、忽然と姿を消した。その夜、現場に居合わせた元船長松村が神戸港で殺され、アリバイのない浅見に嫌疑が・・・・。一方、芦屋の海運会社会長宅・小野田家を訪れた客二人が相次いで殺される。消えた女との接点は何か? 小野田家の孫娘亜希は浅見光彦に救いを求めた!
隅田川殺人事件
東京浅草の吾妻橋から日の出橋まで、隅田川を注ぐ水上バス。結婚式当日、家族・親戚と、ともに乗り込んだ花嫁津田隆子は、船内から忽然と姿を消した。新婦不在のまま、新郎池沢英二は悄然と披露宴の席に着いたのだ。そして十日後、築地の掘割で身元不明のの女性の全裸死体が発見された。隆子なのか!? 池沢と絵画教室の仲間である母雪江の依頼で、浅見光彦の調査が始まった。
竹人形殺人事件
料亭の奥座敷で、一体の見事な竹人形を前に対峙する四人の男女。越前大観音堂の用地取得に絡む不正について、地元の有力者が浅見陽一郎刑事局長に圧力をかけているのだ。昔、父親が馴染みの女に贈ったという竹人形、いやその女自身の出現に困惑する陽一郎。弟の光彦は事の真相を確かめるべく秋の北陸路へと旅立つ。だが、竹細工師殺害事件に遭遇した光彦も、容疑者として警察へ・・・・。
1 2 3 4 5 7 8

▲ページの先頭に戻る   ▲100名山に戻る
▲ヨークシャーテリアのハッピーくんへ戻る