Welcom to a Happy Homepage of



犬の伝染病

 予防接種の種類

  ジステンバー

感染した犬の糞尿などから出たウィルスが経口感染し、感染すると全身が侵され、高熱、肺炎、腸炎、神経症などを発症します。ワクチン接種で予防します。

  パルボウィルス感染症

感染した犬の糞尿や、嘔吐物などからウィルスに経口感染する。日本には輸入犬によって広まった。激しい嘔吐と出血性の下痢をおこし脱水症状を伴った腸炎型と、免疫のない仔犬が突然死する心筋型があります。症状が悪化すると死に至ることもありますが、仔犬の死亡率は100%。ワクチン接種で予防します。

  パラインフルエンザ感染症

色々な病原菌が混合感染する伝染性気管支炎で、2〜3週間にわたって頑固な咳を伴うのが特徴です。ワクチン接種で予防します。

  犬伝染性肝炎

感染した犬の尿から経皮感染し発病する。高熱が続き、食欲不振、嘔吐、下痢、角膜が白く濁るなどの症状があげられる。ワクチン接種で予防します。

  レプトスピラ感染症

ウィルスではなく細菌によるもので感染したネズミなどの動物の尿に含まれたレプトスピラ菌が排出され、経皮感染する。胃腸、腎臓、肝臓などの臓器が冒され、症状としては高熱、出血(出血型)、嘔吐、下痢、黄疸(黄疸型)、などが上げられ、死亡率は高い。ワクチン接種で予防します。

  狂犬病

狂犬病は、非常に強い感染力を持つ狂犬病ウィルスが原因で、犬だけでなく、その他の哺乳動物すべてに感染する。狂躁型と麻痺型があり、狂躁型は、よだれを垂らし、凶暴になり何にでも噛みつくようになります。麻痺型はぐったりとして動かないまま、神経が冒され全身の筋肉が麻痺し死亡します。人間がもし感染した動物に咬まれたら、すぐに血清を打たなければ死に至ります。      




犬の病気

【症状】目やにが出る、眼球が白くにごる、目をかゆがる、白目の部分が黄色い
⇒アレルギー、逆さまつげ、白内障、結膜炎、肝臓疾患などが疑われる


【症状】多量の鼻水、色の濃い鼻水、鼻血、鼻が乾いている
⇒鼻炎、歯周病、ジステンパー、鼻腔の腫瘍、異物の混入、発熱などが疑われる


【症状】耳アカが多い、悪臭、耳ダレ
⇒細菌感染、耳ダニ症、外耳炎などが疑われる

口・歯
【症状】口臭、よだれ、歯ぐきや舌が白っぽい、舌がいつもより赤い、くちびるが腫れる
⇒歯石、歯肉炎、歯槽膿漏、口内炎、貧血、発熱、アレルギーなどが疑われる

皮膚・被毛
【症状】フケ、かゆみ、全身的脱毛、部分的脱毛
⇒皮膚疥癬、シャンプーが合わない、脂漏症、膿皮症、アレルギー性皮膚炎、クッシング症候群、ホルモン性皮膚炎、栄養不良、ストレスなどが疑われる


歩き方 体 その他
【症状】足を引きずる、さわると痛がる、ふらつく
⇒外傷、骨折、股関節や肘関節の異常、トゲ、椎間板ヘルニアなどが疑われる 【症状】急にやせた、急に太った、おなかがはれる、乳房がはれる
⇒腸内寄生虫、糖尿病、腫瘍、運動不足、腹水、寄生虫、フィラリア、心不全、肝硬変、偽妊娠などが疑われる 【症状】せき、くしゃみ、呼吸が苦しい、嘔吐
⇒気管支炎、心臓疾患、フィラリア、ケンネルコフ、ジステンパー、鼻炎、食べ過ぎなどが疑われる



▲ページの先頭に戻る